てんかん発作の患者数は1000人に5人と言われるほど、多くの方が発病する危険性のある病気です。また乳幼児から高齢者までどの年齢層でも発症する可能性があります。当サイトでは子供のてんかん発作を中心にてんかんについてご紹介しております。

幼い子どもの写真

アルコール依存症による発作と分類

発作を起こす病気は数多くあります。その中でもアルコール依存症は死亡率の分類では、高い病気です。はじめは少しだけ飲酒をしていたのですが、飲み続けるにつれて、飲酒がエスカレートし、身体が満足するまで飲んでしまいます。このような状態をコントロール障害と言い、一度起こすと一生もとに戻りません。アルコール依存症は、飲酒をやめられないだけではなく、人を巻き込む病気、死に至る病気です。アルコールというドラッグは、身体も心もむしばんでいきます。症状は、自分の意思では飲酒を止めることができなくなる、強迫性飲酒と、医師から止められている時でさえ飲酒を続けてしまう、連続飲酒発作があります。身体がやめられなくなってしまっているため、気持ちはやめないといけない、今日は少しだけと決めていても、満足するまで飲酒をしてしまう、このような発作があります。治療は経験の持つ医師のもとで治療が行われます。身体の健康をとり戻すために必要なことは、断酒です。治療を続けていくうちに身体はアルコールを欲しがって、イライラしたりうつ症状が現れてきます。断酒の分類で身体は続けていくうちに手の震え、眠れない日々、汗をかく、嘔吐、状態が現れてきます。精神的な症状は、不安が現れてきます。このような症状を離脱症状と言います。断酒している間や、断酒が2年3年続いたとしても、アルコール依存症は完全に治すことが難しく、飲酒するともとに戻ってしまう場合があります。分類すると、急性アルコール中毒とアルコール依存症の二つに分けられます。急性アルコール中毒は、短時間に多量のエタノールを摂取することによって起きる症状です。いわゆる酔っ払いで、人に迷惑をかけることは少ないですが、依存症になると周囲を巻き込んでしまう病気なので、必ず医師のもとで断酒を続けていかなければいけません。